図形の登録

    写真

近年、ゆるキャラブームが巻きおこっており、企業のキャラクターや地域のキャラクターが多く登録されています。あの有名な 「くまモン」も登録 されています。登録したいロゴやキャラクターを 立体商標 として登録することもできます。

企業のトレードマーク やロゴマーク、キャラクターを登録するには、事前に図形調査をおこなう必要があります。 登録したい図形が決まったら、識別力がある図形かどうか、既に他人が出願・登録していないかどうかを調査します。通常の文字からなる商標と比較して、図形の調査は 大・中分類表・細分化図形等分類表 から図形を分類して調査を行います。

なぜ登録するのか?


日本の法律では、最初に商標登録出願を行った者に権利を与えるという先願主義を採用しています。同じ標章を使っている者が二人いた場合、「どちらが先に使い始めたのか?」ではなく「どちらが先に特許庁に出願したか?」によって権利を与えるという主義です。詳しくは 先願主義について のページをご覧ください。

要するに登録をせずに商標を使用していた場合、後から他人にその商標について出願をされ、その他人が権利を得てしまえば、もうその商標は使えなくなってしまうということです。使用していた商標が使えなくなってしまうことを避けるためにも、商標は適切に登録しておきましょう。

商標権はいったん登録されれば、更新を繰り返すことにより、半永久的に存続させることができる権利です。更新は、更新登録の申請 により行います。

安定的で継続的な経営を行うためにも、登録は重要なのです。

商標について


商標とは、標章(人の知覚によって認識することができるもののうち、文字、図形、記号、立体的形状若しくは色彩又はこれらの結合、音その他政令で定めるもの)のうち、業として商品を生産し、証明し、譲渡する者がその商品について使用するもの、または業として役務を提供し、証明する者がその役務について使用するもののことをいいます、と2条1項には掲げられています。

わかりやすく言えば、会社名や商品名などのことです。商標には、平面的なものばかりでなく、「カーネルサンダースの人形」や「ペコちゃん人形」のような立体的なものもあります。 立体商標制度 は平成8年改正により導入されたもので、以来、数多くの立体的形状が登録されています。音響商標や色彩のみの商標などについては、平成26年改正により導入されています。

写真

商標は、主に4つの機能を有すると言われています。

@自他商品等識別機能
 自他の商品と他社の商品とを識別する機能

A出所表示機能
 一定の標章を付した商品等は、一定の出所から流出したものであることを示す機能

B品質等保証機能
 一定の標章を付した商品等は、常に同一の品質等を有していることを保証する機能

C広告宣伝機能
 一定の標章を付している商品等について、需要者の購買意欲を惹起させる機能

登録要件について


商標登録を受けるには、その商標を自己の業務に関する商品や役務(サービス)に使用すること、または使用する可能性(使用意志)があることが、登録の要件となります(3条1項柱書)。明らかに使用する可能性がないものについては、使用の証拠または使用の予定表などの提示を求める拒絶理由通知を受けることがあります。またその他にも、一般的・普遍的観点に基づく基本的登録要件(3条1項各号)や、私益的・公益的観点からの具体的登録要件(4条1項各号)を満たす必要もあります。

権利の存続期間と更新について


権利の存続期間は、設定登録の日から10年間です。ただし更新の申請をすることにより、さらに10年間存続させることができます。商標権は、更新を繰り返すことにより、半永久的に存続させることのできる権利です。

権利の存続期間 についてはこちらのページをご覧ください。

トピックス

  • 身近な商標登録
  • 新しい商標
  • 先願主義(登録主義)
  • 不使用取消審判
  • 地域団体商標
  • 相互リンク申込み


  • Yahoo!ブックマークに登録