商標権の効力


商標権の効力は、願書に記載した 指定商品・指定役務 及び商標に基づいて定められます。

商標権者は、指定商品・指定役務について登録商標を使用する権利を専有し、また他人が指定商品・指定役務又はこれに類似する指定商品・指定役務について、登録商標またはこれに類似する商標を使用することを排除できます。

写真 商標権を侵害する者に対しては、差止請求権、損害賠償請求権、不当利得返還請求権、名誉回復処置請求などをすることができます。

豆知識+one


写真 禁止権の範囲とは?

禁止権の範囲とは、指定商品もしくは指定役務についての登録商標に類似する商標の使用、又は、指定商品もしくは指定役務に類似する商品もしくは役務についての登録商標もしくはこれに類似する商標の範囲内です。


写真 禁止権を設けた理由は?

登録商標を使用する権利を防護する機能を持たせるためです。禁止権の範囲では、使用する権利はないものの、他人の使用を排除することができます。


戻る

トピックス

  • 身近な商標登録
  • 新しい商標
  • 先願主義(登録主義)
  • 不使用取消審判
  • 地域団体商標
  • 相互リンク申込み


  • Yahoo!ブックマークに登録