商標権の移転


従来、商標権は人格的性質が強く、その営業と固く結びついており、商標権の自由譲渡は認められていませんでした。

しかし、商標権の財産権としての地位が強化されることにより産業界からの自由譲渡を認める要請が強くなりました。また、自由な譲渡を認めても、商標権を譲り受けた者は、それまでに築き上げた信用の維持に努めることが考えられることから、商標権の自由譲渡を認めることになりました。

豆知識+one


写真 分割移転

商標が同一で指定商品・指定役務が二以上ある場合に、指定商品・指定役務ごとに分割して移転することをいいます。


写真 分離移転

二以上の類似関係にある商標に係る商標権を有する場合において、その一部を分離して移転することをいいます。



戻る

トピックス

  • 身近な商標登録
  • 新しい商標
  • 先願主義(登録主義)
  • 不使用取消審判
  • 地域団体商標
  • 相互リンク申込み


  • Yahoo!ブックマークに登録