抵触


商標権者、専用使用権者又は通常使用権者は、指定商品又は指定役務についての登録商標の使用がその使用の態様によりその商標登録出願の日前の出願に係る他人の特許権、実用新案権若しくは意匠権又はその商標登録出願の日前に生じた他人の著作権と抵触するときは、指定商品又は指定役務のうち抵触する部分についてその態様により登録商標の使用をすることができません(29条)。

写真 商標権の禁止権の範囲が、他の商標権の禁止権の範囲と抵触する場合は、出願の先後に関わらず、抵触する部分は双方とも使用することができません。

豆知識+one


写真 特許権との抵触例
立体商標を指定商品に使用すると、物品の形状に係る特許発明と抵触する場合。


写真 意匠権との抵触例
矢羽根の形状をした万年質のクリップについての意匠権が存在する場合に、万年質を指定商品とし、同じ矢羽根の図形の登録商標がある場合。


写真 著作権との抵触例
キャラクターの絵 について著作権が存在する場合に、服を指定商品とし、同じキャラクターの絵の登録商標がある場合。


戻る

トピックス

  • 身近な商標登録
  • 新しい商標
  • 先願主義(登録主義)
  • 不使用取消審判
  • 地域団体商標
  • 相互リンク申込み


  • Yahoo!ブックマークに登録