商標権の効力が及ばない範囲(26条)


1号 
自己の肖像又は自己の氏名若しくは名称若しくは著名な雅号、芸名若しくは筆名若しくはこれらの著名な略称を普通に用いられる方法で表示する商標

2号 
当該指定商品若しくはこれに類似する商品の普通名称、産地、販売地、品質、原材料、効能、用途、数量、形状(包装の形状を含む。次号において同じ。)、価格若しくは生産若しくは使用の方法若しくは時期又は当該指定商品に類似する役務の普通名称、提供の場所、質、提供の用に供する物、効能、用途、数量、態様、価格若しくは提供の方法若しくは時期を普通に用いられる方法で表示する商標

3号 
当該指定役務若しくはこれに類似する役務の普通名称、提供の場所、質、提供の用に供する物、効能、用途、数量、態様、価格若しくは提供の方法若しくは時期又は当該指定役務に類似する商品の普通名称、産地、販売地、品質、原材料、効能、用途、数量、形状、価格若しくは生産若しくは使用の方法若しくは時期を普通に用いられる方法で表示する商標

4号 
当該指定商品若しくは指定役務又はこれらに類似する商品若しくは役務について慣用されている商標

5号 
商品又は商品の包装の形状であつて、その商品又は商品の包装の機能を確保するために不可欠な立体的形状のみからなる商標

効力が及ばない範囲の規定の趣旨


写真 過誤登録に対する第三者の救済のための規定。

写真 商標自体は不登録理由に該当しないため、商標登録を受けることができたものの、その類似部分に本条に掲げられたものを含む場合、その部分にまで商標の効力を及ぼすのは妥当ではないからです。

写真 後発的に本条に定めるものとなった場合に、商標権の効力 を制限し、第三者がそのものを使うことを保証するためです。




戻る

トピックス

  • 身近な商標登録
  • 新しい商標
  • 先願主義(登録主義)
  • 不使用取消審判
  • 地域団体商標
  • 相互リンク申込み


  • Yahoo!ブックマークに登録