防護標章制度の趣旨


防護標章制度は、著名商標は、著名であるが故、禁止権の範囲を超えて、非類似の範囲にまで出所の混同が生じるおそれがあります。そこで法は、非類似の範囲にまで禁止権の範囲を拡大することを目的として、防護標章制度を設立し、著名商標に化体した業務上の信用を保護することを目的としています。

防護標章登録の要件(64条)


@ 登録商標が著名の程度に至っていること
A 他人が非類似の商品等に使用することにより、混同が生ずるおそれがあること
B 登録商標と同一の標章について出願すること


写真 防護標章登録の要件は、上記の64条の規定についてのみです。



戻る

トピックス

  • 身近な商標登録
  • 新しい商標
  • 先願主義(登録主義)
  • 不使用取消審判
  • 地域団体商標
  • 相互リンク申込み


  • Yahoo!ブックマークに登録