国際商標登録出願


国際商標登録出願とは、わが国以外の締約国における登録、出願を基礎にして、当該締約国の特許庁を通じ、国際事務局になれた国際登録出願であって、わが国を指定する領域指定のことをいい、国際登録の日に日本国に出願したとみなされた国際商標登録出願のことをいいます。

つまり、簡単な言葉でいうと、国際商標登録出願とは、外国から日本に入ってくる商標登録のことをいいます。

一方、我が国の出願などを基礎として行う 国際登録出願 のページはこちらです。

セントラルアタック後の再出願


国際登録日から5年以内に、本国官庁において、基礎出願の取り下げられた場合、その国際商標登録出願は、セントラルアタックにより国際登録による保護を受けることができなくなります。



写真 しかし、

@ 国際登録が取り消された日から3月以内に、
A 国際登録の名義人と同一の者が、
B 国際登録の対象であった商標と同一の商標について、
C 国際登録において指定された商品・役務の範囲内において、

出願されたものいついては、国際登録の日に出願されたものとみなされます。これをセントラルアタック後の再出願といいます。



戻る

トピックス

  • 身近な商標登録
  • 新しい商標
  • 先願主義(登録主義)
  • 不使用取消審判
  • 地域団体商標
  • 相互リンク申込み


  • Yahoo!ブックマークに登録