新しい商標


近年のデジタル技術の進歩や商品販売・サービス手段の多様化に伴い、多くの国では、すでに音響商標(サウンドロゴ)や色彩のみの商標、ホログラムの商標などの登録が認められていました。このような現状を踏まえ、日本でもようやく、平成26年の法改正により、新しい商標の登録が認められるようになりました(施行日27年4月1日)。

新しい商標 説明
音商標 音からなる商標で、聴覚で認識される商標
色彩のみからなる商標 単色又は複数の色の組み合わせのみからなる商標
ホログラム商標 文字や図形等がホログラフィーにより変化する商標
動き商標 文字や図形等が時間の経過に伴って変化する商標
位置商標 文字や図形等の標章を商品等に付す位置が特定される商標

インターネットが普及した現在においては、ネット上で、あらゆる国と通じることができます。日本にいながらして、アメリカのサイトから商品を購入することができますし、その逆も可能です。言語は通じなくとも、音響や色彩などの聴覚や視覚を通して、商標を認識する場合もあるでしょう。そうなると、ますます商標の保護も国際調和が望まれるところです。

今回の法改正では、商標法2条1項の定義に「人の知覚によって認識することができるもののうち」と規定して、音商標や色彩のみからなる商標が導入されたことを明記しています。また、ホログラム商標や動き商標、位置商標については、これまでの定義からも読み込むことができるため、特に明記はされていません。条文上にある「その他政令で定めるもの」とは、今後生れで新たに追加される可能性がある商標のことで、ホログラム商標や動きの商標、位置の商標のことではありません。

今後、政令で追加される可能性のある商標とは、例えば、香りの商標、トレードドレス、触覚の商標、味の商標などが挙げられます。

出願の方法


出願の方法は、これまでの伝統的な商標と同じく、商標登録願を特許庁長官に提出します。 願書の記載欄には、【商標登録を受けようとする商標】の欄の次に【動き商標】【ホログラム商標】【色彩のみからなる商標】【音商標】【位置商標】などと記載します。そして次に【商標の詳細な説明】の欄を設けて、商標登録を受けようとする商標を特定するように、商標の詳細な説明を記載します。【音商標】の場合は、必ずしも【商標の詳細な説明】の欄を設ける必要はありませんが、【動き商標】【ホログラム商標】【色彩のみからなる商標】【位置商標】の場合は、【商標の詳細な説明】を記載します。

【音商標】の場合は、MP3形式で記録したCD−R又はDVD−Rを添付する必要があります。書面で出願する場合は、願書に添付して送ります。オンライン上で出願する場合は、願書を提出した後、CD−R又はDVD−Rを郵送で提出します。その際には、【提出物件の目録】の欄に【物件名】商標法第5条第4項の物件と記載します。

出願料については、これまでの伝統的な商標と同じく、1区分の出願の場合、12,000円です。一区分増えるごとに、8,600円が加算されます。


戻る

トピックス

  • 身近な商標登録
  • 新しい商標
  • 先願主義(登録主義)
  • 不使用取消審判
  • 地域団体商標
  • 相互リンク申込み


  • Yahoo!ブックマークに登録