普通名称


商標法3条1項1号では、その商品又は役務の普通名称を普通に用いられる方法で表示する標章のみからなる商標は登録を受けることができない旨を定めています。普通名称が登録を認められていないのは、普通名称をその商品に使用しても、どこの誰から流出しているものかを認識することができないからです。

普通名称とは、商品の取引業界で、その商品の普通名称と認識されるに至ったものをいいます。 例えば、商品「トマト」について「トマト」、役務「美容」について「美容」などが普通名称に該当します。また、商品「パーソナルコンピューター」に「パソコン」などの略称や、「エスカレーター」や「ナイロン」などのように普通名称化したものも普通名称に該当します。

写真 普通名称化とは、商標が使用された結果、その名称が、一般需要者及び取引者の間で一般的な名称であると認識されるに至ったもののことをいいます。

写真 ローマ字やカナ文字での使用は、普通に用いられる方法に該当します。

慣用名称


商標法3条1項2号では、その商品又は役務について慣用されている商標は登録を受けることができない旨を定めています。慣用商標が登録を認められていないのは、慣用商標は、不特定多数の同業者に普通に用いられているため、どこの誰から流出しているものかを認識することができないからです。

慣用名称とは、同種の商品・役務について、同業者間で普通に使用された結果、自他商品等識別機能を失った商標をいいます。
例えば、商品「清酒」に「正宗」、役務「宿泊施設の提供」に「観光ホテル」などが慣用名称に該当します。

写真 慣用名称であるか否かは、取引業界での認識を基準に判断します。




戻る