不使用取消審判(50条)


継続して3年以上、日本国内において、商標権者、専用使用権者、通常使用権者のいずれもが、指定商品・指定役務 について登録商標の使用をしていない場合は、 何人も、その指定商品・指定役務について登録商標を取り消すことについて審判を請求できます。商標登録を取消すべき旨の審決が確定した時は、その商標権は不使用取消審判請求の日に消滅したものとみなされます。

駆け込み使用


不使用取消審判請求前3月からその審判の請求の登録の日までの間に、日本国内において商標権者、専用使用権者、通常使用権者のいずれかがその請求に係る指定商品・指定役務についての登録商標の使用をした場合であつて、その登録商標の使用がその審判の請求がされることを知った後であることを請求人が証明したときは、その登録商標の使用は「駆け込み使用」として登録商標の使用に該当しないものとされます。

トピックス

  • 身近な商標登録
  • 新しい商標
  • 先願主義(登録主義)
  • 不使用取消審判
  • 地域団体商標
  • 相互リンク申込み


  • Yahoo!ブックマークに登録