商標調査


商標登録出願をする時は、事前の商標調査を行った方がよいでしょう。商標の専門知識を有する者の、事前調査により「その商標が識別力を有するものかどうか?」または「その商標が、他人の出願に係る商標と同一・類似ではないか?」などを調べ、不登録理由を事前に排除しましょう。

商標は、出願すれば即登録になるわけではありません。識別力のない商標や他人の登録商標等と同一・類似の商標は登録を受けることができません。

例えば、その商品の 普通名称・慣用名称 は登録を受けることができません。

例えば、日本の国旗と同一又は類似の商標 は登録を受けることができません。

調査を行わずに出願した場合、拒絶理由に該当し登録できず、費用が無駄になってしまう可能性があります。商標登録出願をする時は、より確実に登録できるように、専門家による事前調査を行いましょう。

商標を使用する 商品・役務の区分が分からない 場合にも、どの区分に該当するか等ご案内いたします。 お気軽にお問い合わせください。

トピックス

  • 身近な商標登録
  • 新しい商標
  • 先願主義(登録主義)
  • 不使用取消審判
  • 地域団体商標
  • 相互リンク申込み


  • Yahoo!ブックマークに登録