カバチタレの商標登録


最近、方言での商標登録が増えてきています。

例えば、

宝ホールディングス株式会社は、「はんなり」について商標登録しています(第2519385号)。指定商品は、「人工甘味料,乳糖,乳児用粉乳,食用油脂,乳製品,調味料,香辛料,アイスクリームのもと,シャーベットのもと,ホップ,ビール製造用ホップエキス,乳清飲料」となっています。

はんなりというのは、京言葉で「落ち着いた華やかさがあり、上品に明るく陽気なさま」を表す言葉です。近ごろは、地方経済の活性化を目的とした地方の特産物・名産物の売り出しが注目されていることから、このような方言での登録が進んできています。

その他にも方言での商標登録は、例えば、栄産業株式会社は広島弁の「カバチタレ」をかけた「焼肉の\カバチ\タレ∞広島発」(第4766249号)について「焼肉のたれ」を指定商品として登録しています。「カバチタレ」とは、「カバチ」=「屁理屈」を「タレる」=「いう」という意味から「屁理屈をいう(人)」という意味を持つ広島の方言です。ここで応用編です。「かばちゅーたれなーよ」という意味が分かりますか?「屁理屈を言うなよ」という意味です。

写真






                              (2013年5月10日記)



戻る

トピックス

  • 身近な商標登録
  • 新しい商標
  • 先願主義(登録主義)
  • 不使用取消審判
  • 地域団体商標
  • 相互リンク申込み


  • Yahoo!ブックマークに登録