くずきり


先日、初めて「くずきり」を戴きました。
触感もつるっとしていて食べやすく美味しかったです。
暑い夏には冷やした「くずきり」がいいですね。

くずきりとは、葛粉を水で溶かしてから加熱し、それを冷却して板状に固めたものを饂飩のように細長く切った食べ物のことをいいます。 葛粉には薬効があり、体を温め血行をよくする為、風邪引き(葛根湯)や胃腸不良の時の民間治療薬として古くから珍重されてきたようです。

「くずきり」を指定商品として商標登録する際には、第30類の「くずきり」30A01を指定して出願したり、おなじく第30類の「葛粉と砂糖で作った麺状の菓子」30A01として出願したりすることができます。

商標登録出願をする際に、この商品又は役務は「どの区分に属するものなのか?」「どのような商品・役務を指定して出願すればいいのか?」分かりづらい場合があります。その指定の仕方によっては、権利範囲が大きく異なってしまう可能性もあります。商品又は役務の指定の仕方については、お気軽に お問い合わせください。


                              (2013年8月6日記)



戻る

トピックス

  • 身近な商標登録
  • 新しい商標
  • 先願主義(登録主義)
  • 不使用取消審判
  • 地域団体商標
  • 相互リンク申込み


  • Yahoo!ブックマークに登録