商標権の存続期間


商標権の存続期間は、 商標権の設定の登録 の日から10年をもって終了します(商標法9条1項)。原則的には、商標権の存続期間は設定登録日から10年間ですが、更新することができます。更新により、さらに10年間の存続期間が延長されます。商標権を半永久的に維持させたいならば、定期的に更新の申請を忘れずに行うことが必要となります。

更新の申請 は、存続期間の満了前6月から満了の日までに行う必要がありまうす。

存続期間満了日については、特許庁からは何も通知されません。思わぬ商標権消滅を防ぐためにも、期限管理はしっかりと行いましょう。




よくある質問へ

トピックス

  • 身近な商標登録
  • 新しい商標
  • 先願主義(登録主義)
  • 不使用取消審判
  • 地域団体商標
  • 相互リンク申込み


  • Yahoo!ブックマークに登録