登録までの期間


通常、登録までには4〜10ヵ月程度かかります。早期権利化をお望みの場合は、通常と比べて早期に審査を行う早期審査制度を利用することができます。ただし早期審査の申請には、一定条件を満たすことが必要です。申請が認められれば、1〜3ヶ月程度で登録になります。 早期審査の要件 については、こちらのページをご覧ください。

登録までの流れ


a. お客様からご依頼を受け、先登録商標などについて調査を致します。
b. 特許庁に対して、商標登録出願手続きを致します。
c. 特許庁の審査官によって、審査が行われます。
d. 審査の結果、拒絶理由がある場合、その内容が通知されます。

拒絶理由を解消するため意見書・補正書を提出し、再び審査が行われます。

なおも拒絶理由が解消されていない場合、拒絶をすべき査定がなされます。

e. 審査の結果、拒絶理由がなかった場合、登録査定の謄本が送達されます。
f. 登録査定後30日以内に、登録料を納付します。
g. 登録料の納付により、商標登録原簿に登録され、商標権が発生します。
h. 存続期間満了前に 更新の申請 をすることにより、商標権の更新が可能となります。

拒絶理由通知について


拒絶理由通知とは、出願が拒絶すべき理由を有している場合に、特許庁の審査官から通知されるもののことを拒絶理由通知といいます。拒絶理由通知がされたら、その指定期間に意見書や補正書等を提出して対応します。意見書や補正書等によっても、尚、拒絶理由が解消しないときには、拒絶査定がなされる場合があります。また、指定された期間内に何も対応しなければ、拒絶査定がなされます。

トピックス

  • 身近な商標登録
  • 新しい商標
  • 先願主義(登録主義)
  • 不使用取消審判
  • 地域団体商標
  • 相互リンク申込み


  • Yahoo!ブックマークに登録